炭酸泉の効用

炭酸泉は気泡が含まれているお湯であり、入ると炭酸飲料の中に入ったようなしゅわしゅわとした感覚になります。

体のあちこちに細かい気泡が付着しますが、お湯自体はぬるめであり、小さい子供や高齢者でも問題なくゆっくりと体をあたためることができます。

炭酸泉の効用は二酸化炭素が含まれていることから毛細血管を広げることができ、血行を促進させることができます。

このことから心臓に負担をかけないで血行を良くすることが可能であり、冷え性だけでなく切り傷や火傷などの外傷の回復を早める効用もあります。

このような働きを得ることができるのは、お湯に含まれている二酸化炭素が皮膚を通じて体に吸収されると、体では二酸化炭素が増えたので酸素が足りないと認識し、酸素を体中に送り込もうと働くからです。

その際に心臓の拍動を増やすのではなく、毛細血管や細小動脈を拡張させるので心臓に負担をかけることが少なく、血液がスムーズに循環し始めます。

その結果血圧も下がります。

通常の温泉はある程度の湯温があり、心臓に負担をかけることがあるのですが、炭酸泉はぬるめでありゆっくりと入ることができるので、急激に血圧はあがりません。

そのため心臓の湯と言われることもあります。なお炭酸泉を飲んだ場合は利尿作用や鎮静作用、便秘や食欲増進が期待できます。

前の記事

あつ湯の効用