ぬる湯の効用

ぬる湯とは大体37~39度位の低温温泉の事です。

一般的に入浴に適した温度は40~42度なので、それと比べると温度もかなり低いので、時間をかけてゆっくりとつかる事が出来るのが特徴です。

ではこのぬる湯の効用は何かというと色々あるので、詳しく見ていきましょう。

まず体温に近いぬる湯につかる事で、副交感神経が優位となってリラックス出来ます。

人間の内臓は交感神経と副交感神経の2つの自律神経により動かされています。

交感神経が優位だと心臓や肺、胃等が働き、副交感神経が優位になると臓器は休憩に入ります。

その結果体を芯からくつろがす事が出来、神経を休め、精神もときほぐしてくれストレス解消になるというのが大きな効用です。

また温度が低いので長時間つかる事が出来、その結果体の芯まで温まる事が出来ます。

さらに温泉成分が体の皮膚だけでなく呼吸器にも浸透する事で、じっくりと効果を上げる事が出来るというのもメリットです。

加えてリューマチや神経痛、高血圧症の改善にも効果が期待出来ます。

ぬる湯は温度も低い為、体への負担も少なく長時間入浴が可能です。

しかも発汗や血圧上昇の恐れも少ないので、特に中高年には向いています。

ただ、それ故に湯あたりする事もあるので注意が必要です。